企業を支える要の業務|費用を大幅に削減する!|会社の経理から見直す

費用を大幅に削減する!|会社の経理から見直す

スーツの人

企業を支える要の業務

電卓

企業を運営するにあたって欠かせない経理。経理とは会計や従業員の給与などお金に関する業務のことです。経理と一言言っても業務内容は多岐にわたり、日頃の会計として現金の取り扱いや領収書を纏めて伝票に記帳し、売上高を計算することを始め、月次の損益を計算して資産や負債を試算表に記帳し、年末には税に関する書類を纏めるなど他にも細かい業務があります。企業の損益に直結する業務のため、おろそかにしてはいけません。企業が廃業する理由として多くを占めるのが資産運用がうまくいかないことです。資産運用のもととなる書類の作成は経理の仕事ですので、金銭のやりくりができず倒産してしまう前に経理の重要性について考えてみてはいかがでしょうか。

経理は単純に金銭の計算をするだけではなく様々な申請書などを作成しなくてはいけません。例えば償却資産税の申告書、給与支払いの報告書、源泉所得税の集計や納付、法人税の決算報告書、車を所有しているのであれば自動車税の納付などがあります。これらは専門的な知識がないと作成できません。従業員で経理が間に合わないのであればプロに頼むことができます。公認会計士や税理士などいわゆる仕業と呼ばれる人たちです。公認会計士や税理士は経理にとって重要な簿記のプロと呼ばれており、監査業務や会計業務など資産を運用するにあたって必要な能力を幅広く持っています。また、企業で経理業務をする傍らスキルアップのために税理士試験を受けて合格する従業員も少なくありません。企業の跳躍を図るために経理に力を入れてみるのも良いでしょう。